モダンヴィンテージの考察 2着目 2/2

前回に続き、ナッパ服について考察していきます。

前回はネームタグのところで勝手に盛り上がって終了してしまいました、、、、

そう、鐘紡 KK です。

鐘紡 KK、、、、、、

KANEBO、、、、、、かねぼう、、、  

 ん!?

カネボウ 株式会社!!!!

そうなんです。

今や化粧品会社として有名な、カネボウが製作した制服(作業着)だったんです。

カネボウの前身は、旧東京綿商社

つまり、繊維会社として創業した会社だったんですね。

若輩者で無知な私には、カネボウが以前は繊維商社であったことは一つの驚きでした。

現在のカネボウでは、繊維事業からは手を引いているそうです。

ちなみにですが、年代や配給地区によって生産工場が異なります。

ナッパ服の全てが鐘紡株式会社が製作したわけではないので、生産工場を確認してみるのも

一つの楽しみ。

では、ナッパ服の構造です

袖はラグラン

中に着込むことを想定し腕がキツくならない為の工夫で、主にコート類に多いディティールです。

ナッパ服においては、蒸気機関士の制服ですから

機関車を動かす業務の中に、燃え盛る炎に石炭をくべるという

過酷な重労働があるわけです。

ナッパ服においては、アームにゆとりがあり体の可動を助ける

ラグラン袖が採用されているんです。

襟はスタンドカラー、つまり立ち襟

第一ボタンまで止めてみましょう、、、、、

おぉ、、、一気に駅員さんぽくなりました、、、、、、

あまりモダンじゃなくなったので、第一ボタンまで止めるのはやめましょう、、、、、、笑

内側です。

コットン100%の裏地に内ポケットが一つ

裏地の縫い代が表に出ちゃってます、縫製が粗め。

生産効率を考えた縫製です。

そもそもファッションとしての洋服ではなく職務の制服なので、縫製が粗くても文句を言う人もいないのでしょう。

これはビンテージのワークウエア総じていえることかと思われます。

ナッパ服を漢字で書くと「菜っ葉服」

すなわち労働者が着る、青い菜っ葉をイメージした作業服を指します。

ヨーロッパビンテージ市場では、機関士の制服は人気が非常に高く

「Railway Jacket」

として高値で取引されてます。

個人的には、国鉄の菜っ葉服もRailway Jacketに引けをとらないデザイン性だと思ってます。

しかしながら、菜っ葉服というと少しこダサいので

Japanese Railway Jacket

と、勝手に名付けたいと思います!!

うーん、、、、、、、急にモダンに感じます!!!

今回も、勝手に Japanese Railway Jacket

モダンビンテージに認定致します!!!!

#fashion #ビンテージ #リフォーム #お直し #vintage #レザー #修理 #洋服 #葵区 #静岡市 #静岡県 #静岡

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
タグ検索
まだタグはありません。
ソーシャル
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic

​3洋装店は衣類の修繕、お直し、リメイク、仕立て、販売を軸に提案するセレクトショップです。

© 3洋装店.