(san)

先日静岡市の、とあるアートイベントに出席させて頂きました。

そこでは県内外からクリエーターの方々が集まり

オープニングパーティーが行われていました。

ほとんどの方々が初対面でしたので、当然ながら初めましてのご挨拶。

とある著名なクリエーターの方とお話しさせて頂く機会があり、

楽しく雑談

かと思いきや、ご高齢にもかかわらず急に鋭い目つきで私の名刺を凝視するや

「三枝君、、、、3(san)洋装店のsanというのを屋号にあえて表現しているところがいいね!!」

とおっしゃられました。

どういうことなのか、意味がわからず目が点になっていると

「sanは太陽のsa(u)n 。 君の手で洋服が再び光輝くというわけだ!!素晴らしいじゃないか」

と、、、、

自分自身全く気がつかない視点でした。

三枝の3で、呼び方がわからないかと思い(san)と読み方をつけました!!

とは口が滑っても言えません、、、汗

浅はかな自分に興醒めですよ、、、汗

しかしながら同時に、そのようにご指導して頂くことで、

自分自身偶然ではありますが良い名前の屋号をつけたなぁ、、、、と感じた瞬間でもありました。

おっしゃって頂いた言葉が、

私のやっていきたい仕事そのものを、全て表現した言葉だったんです。

3洋装店  であったり   3(san)洋装店  であったり

表記が自分自身曖昧だったのですが、本日から自身を持って、、、、、、、、

3(san)洋装店

です!!! よろしくお願い致します!!!

素敵なお言葉頂きありがとうございます、大事にします。

#静岡県 #静岡市 #葵区 #洋服 #修理 #お直し #リフォーム #vintage #ビンテージ #レザー #fashion

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
タグ検索
まだタグはありません。
ソーシャル
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic

​3洋装店は衣類の修繕、お直し、リメイク、仕立て、販売を軸に提案するセレクトショップです。

© 3洋装店.