© 3洋装店.

​3洋装店は衣類の修繕、お直し、リメイク、仕立て、販売を軸に提案するセレクトショップです。

モダンヴィンテージの考察  1着目 1/2

1/22/2018

 

 

 

「ビンテージ」いうと、、、

 

 

 

 

土臭くて、古臭いのイメージ。

 

 

 

 

なんだかとっつきにくいですよねー

 

 

 

 

 

自分としては、あんまりそういうイメージを連想させるビンテージウエアは好きじゃないです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一周回って、モダンに見えるビンテージが好きで収集してます。

 

 

 

 

 

モダンビンテージ

 

 

 

 

 

って勝手に呼んでます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ヴェンテージの価値は、ブランド名と生産年数&生産数でおおよその価格は決まってますし、

 

 

 

 

 

人気に火がつくことで価格が高騰しやすいものです。

 

 

 

 

 

私自身はあまりそのようなビンテージの価値には興味がありません。

 

 

 

 

 

価格が安かろうが、高かろうが

 

 

 

 

モダンに映るヴェンテージがいいんです。

 

 

 

 

 

 

 

前置きが長くなりました

 

 

 

 

 

 

ヴィンテージウエアの考察  一回目 

 

 

 

 

私の私物ですが、お気に入りの一着をご紹介,,,,,

 

 

 

 


 

 

 

1947年製   北欧のメルトンコート

 

 

 

シンプルで、グレーにベージュが少し混じった美しくモダンな色味

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

裏地のスタンプに年代、サイズが記されています。

 

 

 

スタンプとボタンに記される3つの王冠マークは、恐らく経験上スウェーデン軍の空軍のものかと。

 

 

 

 

1947年当時はダウンジャケットは存在しません。

 

 

ダウンの登場は60年代、エディバウアーが発表した名作スカイライナーから。

 

 

北欧の厳しい環境です

ウールコートが最大の防寒着であったのでしょう。

 

 

 

 

現在の生地ではありえない生地の重量感

 

 

 

 

 

風邪を通さないほど圧縮された、防寒性の高い生地。

 

 

 

下手なダウンよりよほど暖かいです。

 

 

 

 

現在では見ることのできない生地に出会えるのは、ビンテージの魅力一つ。

 

 

 

 

バックスタイルがいいんですよねぇ、謎のポケットが2つ。

 

 

何をいれる為のポケットだったんでしょうか、、、

 

 

かなり重量のあるコートです、

 

 

 

バックを持たなくてもいいように

 

 

 

 

コート自体がバックの役割をになっていたのか

 

 

 

もしれませんね、、、

 

 

 

 

あくまで推測でしかありませんが、、、

 

 

 

 

 

 

というわけで、、、

 

 

この回でまさか!!の、まだ考察が書ききれないので

 

 

 

 

続きは、また次回に持ち込ませてください。

 

 

 

 

 

続きはこのコートの構造についてです!!

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

3/27/2019

Please reload

タグ検索
Please reload

  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic
ソーシャル